マガジンのカバー画像

「M&Aサクシード」記事まとめ

9
運営しているクリエイター

#Visional

あらゆる前提は、変えられる。私が「M&Aサクシード」を通して実現したい未来について。

今回は、2021年11月に、Visionalグループの株式会社M&Aサクシードの代表取締役社長に就任した金蓮実さんに「パーソナルヒストリーインタビュー」を行いました。 半生を振り返りながら、金さんが大切にしている価値観や信条に迫りました。 プロフィール 金 蓮実/Kim Younsil(キム・リョンシル) 2003年、大学卒業後、株式会社リクルート(現:株式会社リクルートホールディングス)に入社。上海のブライダル事業立ち上げや採用事業の営業部長を経て、2013年に株式会

スキ
25

「M&Aサクシード」第二創業期へ。「出会いから始まる納得のM&A」を通じて、経営の選択肢と可能性を最大化する。

法人・審査制M&Aマッチングサイト「M&Aサクシード」。おかげさまでリリースから4年半が経ち、成長し続けています。 2021年11月には、VisionalグループにおけるM&Aに特化した一法人・株式会社M&Aサクシードとして展開を開始し、そして2022年6月、サービス名を「ビズリーチ・サクシード」から「M&Aサクシード」に変更しました。 今回は、代表取締役社長の金蓮実さん(トップ写真:左)と、サービス立ち上げの責任者であり、事業長を務める前田洋平さん(トップ写真:右)に、

スキ
30

私たちが、Visionalで新規事業に挑む理由。トラボックスとM&Aサクシードの代表対談をお届けします。

Visionalは「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションに掲げ、HR Tech領域にとどまらず、様々な領域で産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する事業を展開しています。 この記事では、Visionalグループの一員として物流Techの事業を推進するトラボックス株式会社、また、事業承継M&Aの事業を推進する株式会社M&Aサクシードについて紹介します。 2022年2月24日、「トラボックス×M&Aサクシード 合同キャリアLIVE」をオンライン開催し

スキ
33

私たちが「ビズリーチ・サクシード」で事業づくりに挑戦する理由。

今回は、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」(以下、「サクシード」)に携わる仲間の取り組みについて紹介します。 ビジネス開発グループの山田さん、事業企画グループの榊原さんにインタビューを行い、「サクシード」の事業づくりに携わることで得られる経験や学び、また、働くうえで大切にしている価値観などについて聞きました。 ※2022年6月7日、「ビズリーチ・サクシード」は、サービス名を「M&Aサクシード」に変更しました。 プロフィール 山田 ひかる/Yama

スキ
30

価値ある事業を未来につなげる。初実現の「後継者公募」に込めた想いに迫る。

この記事では、2021年に初めて実現した、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」上の取り組み「後継者公募」について紹介します。 今回は、ビジネス開発を担う木戸亮介さんにインタビューを行い、後継者公募が実現に至るまでの背景や、今後のビジョンについて話を聞きました。 ※2022年6月7日、「ビズリーチ・サクシード」は、サービス名を「M&Aサクシード」に変更しました。 ※撮影時のみマスクを外しています。 プロフィール 木戸 亮介/Kido Ryosuke

スキ
51

社会の課題解決のために、新しい文化をつくっていく。Visional流の「戦略PR」に迫る。

Visionalでは、2009年のビズリーチ創業時から、経営戦略に基づき戦略的にパブリックリレーションズ(PR)を行う「戦略PR」を大切にしてきました。 ビズリーチの創業記者発表会では、全く無名のサービスであったにもかかわらず、ありがたいことに、約70名の記者の方々にご参加いただき、経営チームが「戦略PR」の重要性を体感、それから今日に至るまで、Visionalの経営・事業づくりにおいて「戦略PR」は重要なものとして位置づけられてきました。実際に、各部門のPRチームは、日々

スキ
55

金融業界出身者対談。私たちが、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」を通して実現したいこと。

今回は、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」の事業戦略を担う木戸 亮介さん、水村 浩明さんにインタビューを行いました。金融業界出身の2人に、Visionalに入社を決めた理由や、「ビズリーチ・サクシード」を通して実現したいことについて聞きました。 ※2022年6月7日、「ビズリーチ・サクシード」は、サービス名を「M&Aサクシード」に変更しました。 ※本記事内の写真の撮影は、ソーシャルディスタンスを保ちながら行いました。 プロフィール 木戸 亮介/K

スキ
52

経営者にとっての選択肢を広げたい。ゴーゴーカレー様の「承継公募」が実現に至るまで。

2018年11月1日、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、事業を譲りたい経営者のための「承継公募」サービスを開始しました。 その第1弾として、株式会社ゴーゴーカレーグループ様(以下、ゴーゴーカレー様)が、後継者の不在に悩む全国のカレーの名店を募集しました。 この「承継公募」の記者会見は、テレビや新聞など転載含めて80媒体以上に取り上げていただきました。しかしそこに至るまでには、様々なドラマがあったようです。 今回は、このプロジェクトを担当した、事

スキ
16

価値ある事業を未来につなげる。「ビズリーチ・サクシード」の今とこれから。

2017年11月にリリースした事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」。おかげさまでリリースから2年が経ち、M&Aプラットフォームとして日本最大級の案件数を取り扱うサービスへと成長することができました。 今回は、「ビズリーチ・サクシード」立ち上げの責任者であり、2020年8月より事業承継M&A事業部の事業部長を務める前田洋平さんに、サービスが生まれた背景や、この事業に懸ける想い、そして、今後の展望について話を聞きました。 ※本記事は、2019年12月19日

スキ
20