エンジニア関連記事まとめ

26
スクラムの考え方を活かして、チームを「本質的な課題解決」へ導く。スクラムマスターの役割に迫る。

スクラムの考え方を活かして、チームを「本質的な課題解決」へ導く。スクラムマスターの役割に迫る。

Visionalは、10以上のサービスを手がけており、それぞれのプロダクト開発組織だけでなく、専門的な立場から横断的にサポートをする組織も複数存在しています。 今回は、その内の一つであるCTO室で、アジャイル支援として複数のプロダクト開発組織にスクラムの手法を取り入れるサポートをしている賀茂慎一郎さんに、スクラムマスターとして実現したいことについて話を聞きました。 プロフィール 賀茂 慎一郎/Kamo Shinichiro 2016年、早稲田大学教育学部を卒業後、SIe

スキ
73