新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

在宅勤務中でも、心を一つに。みんなで創業11周年記念日をお祝いしました。

こんにちは、ALL VISIONAL編集部の松本です。

2020年4月14日、私たちは、創業11周年記念日を迎えることができました。これもひとえに、創業期からご支援を頂いている方々のお力添えのおかげです。心より感謝を申し上げます。

2009年4月14日。株式会社ビズリーチとして事業を開始したその日は、まさに、私たちにとっての歴史が始まった日。Visionalという新たなグループ名を掲げ、第二創業期に移行したばかりの私たちにとって、全ての原点である創業記念日はとても大切な日です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、現在、Visionalグループは全社で在宅勤務をしています。それでも、こんな時だからこそ、みんなで心を一つにして大切な創業記念日を祝いたい。そうしたVisionalのメンバーの想いを叶えるため、今回、広報室の主導で一つの企画が急遽立ち上がりました。それが、みんなでおそろいのビデオ会議用の背景画像を制作するプロジェクトです。今回は、この社内プロジェクトについてご紹介します。


4月9日(木)、広報室・田澤さん、本田さんを中心としたプロジェクトチームが結成。CDO・田中さんに相談したところ、即座に「ぜひ、やりましょう!」と返答をもらい、翌日4月10日(金)には、デザイナー・戸谷さんが、Visionalグループのデザイナーたちに作品募集の呼びかけを行いました。


画像8


そして迎えた創業記念日当日の4月14日(火)。短い募集期間ではありましたが、有志のデザイナーたちから、それぞれの想いが込められた作品が集まりました。デザイナーのコメントと合わせて、実際の作品をいくつかご紹介していきます。


・狩野菖さん


画像2

11年の歴史を築き上げてきた各事業のさらなる飛躍と、全社一丸となってコロナに打ち勝とう!という想いを込めました。


・住岡梓さん


画像5

創業の地・渋谷から見た景色を、以前撮影した写真をもとにグラフィック化しました。青写真風の加工に、「未完成」「これから発展していく」という意味を込めています!


・戸谷慧さん


画像6

観光地の顔ハメパネルのようなイメージで作りました。わかりやすくてスクショ映えする感じなので、ぜひチームの定例などでアイスブレイク的にご利用ください。


こちらが、実際に、社内のビデオ会議で、おそろいの背景画像を使用している様子です。画像の配布から数日が経った今も、今回の企画に携わったメンバーたちに、Visionalの仲間から数多くの感謝の声が寄せられています。その中には、「在宅勤務期間中でも、みんなで一緒に創業記念日を祝えることが嬉しい!」という声もありました。

画像8


Visionalが大切にしているValueの一つに「その行動で、ブレイクスルー」というものがあります。こんな時でも、いや、こんな時だからこそ、仲間たちのために、今自分にできることを考え、最初の一歩を踏み出し、行動する。今回のプロジェクトは、まさにこのValueを体現しているものだと思います。


いかがでしたでしょうか。今回は有志の呼びかけにより立ち上がった社内プロジェクトのご紹介でしたが、仲間を大切にするVisionalのカルチャーが、少しでも伝わったら嬉しいです。

これからも私たちは、いつもお力添えをいただいている方々への感謝の想いを胸に、Visionalとして幕を開けた第二創業期を歩み続けていきます。

新しい可能性を、次々と。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



この記事を書いたメンバー

松本 侃士/Matsumoto Tsuyoshi
1991年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2014年、音楽メディア企業に新卒入社し、音楽雑誌・ウェブサイトの編集や、採用などを経験。2018年、株式会社ビズリーチへ編集者として入社。現在は、人財採用本部・採用マーケティンググループで、「ALL VISIONAL」の運営などを担当している。

この記事が参加している募集

オープン社内報

51
Visional Groupの企業ブログです。未来の仲間たちへ、Visionalの全ての「可能性」を伝えていきます。