新卒関連記事まとめ

23
2022年度新卒入社者のオンライン内定式を開催しました。
+10

2022年度新卒入社者のオンライン内定式を開催しました。

はじめまして、Visionalグループ 新卒採用チームの白石です。 Visional Wayのバリューの一つに「事業づくりは、仲間づくり」という言葉がありますが、この「仲間づくり」を新卒採用の側面から推進しています。 今回は、10月1日(金)に開催した2022年度新卒内定式の模様をお伝えします。 内定式前日まで緊急事態宣言が発令されていたこともあり、今年の内定式も、昨年に引き続きオンラインでの実施となりました。「採用して終わりではなく、その後もしっかり伴走していきたい」

スキ
67
目指すのは、ビジネスとデザインをつなぐ「架け橋」のような存在。
+7

目指すのは、ビジネスとデザインをつなぐ「架け橋」のような存在。

今回は、2019年4月にデザイナー職として新卒入社し、現在は、株式会社ビズリーチのデザイン本部コミュニケーションデザイン室所属の友清実優さんに「パーソナルヒストリーインタビュー」を行いました。 半生を振り返りながら、友清さんが大切にしている価値観や信条に迫りました。 プロフィール 友清 実優/Tomokiyo Miyu 2019年、武蔵野美術大学基礎デザイン学科(グラフィックデザイン・エディトリアルデザイン専攻)を卒業後、株式会社ビズリーチに新卒入社。入社後はコミュニケ

スキ
69
【デザイナー志望学生向け特別企画】サマーインターンの特徴とメンターを紹介をします。

【デザイナー志望学生向け特別企画】サマーインターンの特徴とメンターを紹介をします。

こんにちは、Visionalグループで新卒デザイナー採用を担当している松田です。 新卒デザイナー向けのサマーインターンが、いよいよ8月23日からスタートします。この記事では、Visionalのインターンの特徴と、期間中、学生のみなさんに伴走するメンター社員を紹介します。 なぜ、デザイナー向けのインターンを実施するのか?Visionalでは、2019年に初めてサマーインターンを実施し、今年で3回目となります。開始した当時は、VisionalのようなIT系事業会社でのデザイナ

スキ
51
事業づくりは、仲間づくり。Visionalが「新卒採用」に懸ける想い。

事業づくりは、仲間づくり。Visionalが「新卒採用」に懸ける想い。

Visionalが大切にしているバリューの一つ「事業づくりは、仲間づくり」。その「仲間づくり」の取り組みの一つとして、私たちは、創業から4年後の2013年から「新卒採用」に注力し続けています。 現在は、ビジネス職の採用において「ROOTS」というプロジェクトを展開しており、人財採用部の採用担当者と各事業部の仲間が一丸となり、学生の皆さんと向き合い続けています。 今回は、人事本部 人財採用部の部長を務める今村慎太郎さんに、Visionalが新卒採用に懸ける想いについて話を聞

スキ
57
エンジニアとして、ビジネス領域へ「越境」する。Visionalで、新しい事業を成長させる原動力となる人材を目指す。

エンジニアとして、ビジネス領域へ「越境」する。Visionalで、新しい事業を成長させる原動力となる人材を目指す。

今回は、2015年4月にエンジニア職として新卒入社し、現在は、株式会社ビズリーチのHRMOS事業部所属の田所駿佑さんに「パーソナルヒストリーインタビュー」を行いました。半生を振り返りながら、田所さんが大切にしている価値観や信条に迫りました。 ※本記事の掲載写真は、在宅勤務への移行前に撮影したものです。 プロフィール 田所 駿佑/Tadokoro Syunsuke 神奈川県相模原市出身。立教大学社会学部を卒業後、Web制作やコワーキングスペース運営を経験。2015年、株式

スキ
31
2021年春の入社を控えた新卒内定者3名に、「Visionalで挑戦したいこと」を聞きました。

2021年春の入社を控えた新卒内定者3名に、「Visionalで挑戦したいこと」を聞きました。

今回は、2020年10月に開催されたオンライン内定式で、各職種を代表して内定者挨拶を行った鈴木智順さん(エンジニア職)、徳崎理沙さん(デザイナー職)、金井友里奈さん(ビジネス職)にインタビューを行い、Visionalに入社を決めた理由や、Visionalで成し遂げたいことについて聞きました。 ※本記事のプロフィール写真は、在宅勤務への移行前に撮影したものです。 プロフィール 鈴木 智順/Suzuki Tomonori 1996年生まれ。広島県出身。東京大学に入学し、学部

スキ
24
誰かの笑顔のために。NGOを目指した私がビズリーチを選んだ理由。

誰かの笑顔のために。NGOを目指した私がビズリーチを選んだ理由。

今回は、2016年4月にデザイナー職として新卒入社し、現在は、株式会社ビズリーチのデザイン本部コミュニケーションデザイン室所属の村上杏樹さんに「パーソナルヒストリーインタビュー」を行いました。半生を振り返りながら、村上さんが大切にしている価値観や信条に迫りました。 ※本記事の掲載写真は、在宅勤務への移行前に撮影したものです。 プロフィール 村上 杏樹/Murakami Anju 千葉県八千代市出身。大学卒業後、2016年4月に新卒で株式会社ビズリーチに入社。ビズリーチ事

スキ
33
13年間アメリカで暮らしていた私が、ビズリーチにエンジニアとして入社を決めた理由

13年間アメリカで暮らしていた私が、ビズリーチにエンジニアとして入社を決めた理由

今回は、2020年10月にエンジニア職として新卒入社予定の水谷友絵さんに、ビズリーチに入社を決めた理由を語ってもらいました。 ※本記事は、2019年7月31日に、前身ブログ「Reach One」で公開したものを、一部編集した上で転載したものです。 プロフィール 水谷 友絵/ Mizutani Tomoe 1998年生まれ。三重県出身。8歳で渡米し、約10年間ハワイのホノルルで暮らした後、イェール大学へ進学。専攻はコンピューターサイエンス。2020年10月、エンジニア職と

スキ
21
ものづくりへの想いを胸に、日本へ。6年間インダストリアルデザインを学んだ僕が、ビズリーチを選んだ理由。

ものづくりへの想いを胸に、日本へ。6年間インダストリアルデザインを学んだ僕が、ビズリーチを選んだ理由。

今回は、2016年4月にデザイナー職として新卒入社し、現在は、株式会社ビズリーチのキャリトレ事業部所属の殷瑞さんに「パーソナルヒストリーインタビュー」を行いました。半生を振り返りながら、殷さんが大切にしている価値観や信条に迫りました。 ※本記事の撮り下ろし写真は、コロナウイルス感染に配慮し、十分な距離をとって撮影しています。 プロフィール 殷 瑞/Yin Rui 中国出身。母国の大学を卒業後、筑波大学大学院に入学。6年間にわたりインダストリアルデザインを学ぶ。2016年

スキ
32
課題解決を通して、みんなが「本当に好きなこと」に近づくお手伝いをしたい。

課題解決を通して、みんなが「本当に好きなこと」に近づくお手伝いをしたい。

今回は、2018年4月にデザイナー職として新卒入社し、現在は、株式会社ビズリーチのプロダクトデザイン室ビズリーチ事業グループ所属の武穂波さんに「パーソナルヒストリーインタビュー」を行いました。半生を振り返りながら、武さんが大切にしている価値観や信条に迫りました。 ※本記事の掲載写真は、在宅勤務への移行前に撮影したものです。 プロフィール 武 穂波/Take Honami 愛知県豊田市出身。名古屋市立大学大学院芸術工学研究科を修了後、2018年4月に新卒で株式会社ビズリー

スキ
54