マガジンのカバー画像

新卒採用関連記事まとめ

41
運営しているクリエイター

記事一覧

職種や事業部を越えた繋がりから、新しい可能性が生まれる。Visionalの新卒育成において大切にしている考え方を紹介します。

この記事では、Visionalの新卒育成についてご紹介します。 Visionalでは、ビジネス職・プロダクト職(エンジニア・デザイナー)の新卒採用を行っています。毎年4月に新しい仲間として新卒社員を迎え入れた後、一人ひとりの中長期のキャリアを見据えながら、将来的に事業づくりや組織づくりを牽引していく人材へ成長することをゴールとして、様々な研修の機会を提供しています。 今回の記事の前半では、Visionalの新卒社員の育成において大切にしている考え方を紹介します。その内容を

新卒1年目のメンバーも登壇! プロダクト交流会、第2回〜3回の模様をお伝えします。

こんにちは。プロダクト交流会の運営メンバーの田所です。 プロダクト交流会とは、Visionalの各事業部に所属するプロダクト開発メンバーを主な対象とした社内イベントです。各回の登壇者の開発や技術にまつわるLT(Lightning Talk)を聞きながら、事業部の垣根を越えて交流し合うことをメインの目的としています。 この社内イベントは、2023年4月、有志メンバーによるプロジェクトとしてスタートしました。実施の背景や第1回の模様については、ぜひこちらの記事をご覧ください。

2024年度新卒入社者の内定式を開催しました。

この記事では、10月2日(月)に開催した2024年度新卒内定式の模様をお伝えします。 2024年4月の新卒入社を決めてくれた皆さんをお迎えした今回の内定式は、会社理解を深め、経営メンバーとの繋がりを持っていただくための場であり、Visionalの経営メンバーと内定者の皆さんが初めて一堂に会する場となりました。 内定式当日のレポート内定式は以下のような流れで進めました。 Visional代表・南からのメッセージ はじめに、Visional代表の南さんより、内定者の皆さん

徹底的に、本質的。ビジネス職サマーインターンシップ「Issue」を実施いたしました!

Visionalグループ ビジネス新卒採用グループの中島です。 Visionalグループは、毎年、新卒採用を行っており多くの新卒社員を迎えております。その活動の一環として、2023年6月〜9月中旬にかけて、ビジネス職向けサマーインターンシップ「Issue」を実施いたしました。 「Issue」とは、「徹底的に、本質的。」をコンセプトに徹底的に課題に向き合うインターンシップで、2019年からアップデートを重ねながら開催を続けております。 今年は多くの学生さんに「Vision

お客様や目の前のコトに向き合いながら、自身の可能性を広げていく。新卒社員向けの全職種共通研修の模様をお伝えします。

こんにちは。株式会社ビズリーチ人財開発部の三重野です。 Visionalは、毎年、ビジネス職、プロダクト職(エンジニア/デザイナー)の新卒社員を迎えています。 今回は、2023年4月にVisionalへジョインした新卒社員向けの全職種共通研修についてご紹介します。 全職種共通研修の設計や意図についてVisionalの未来を担う新卒社員として、プロフェッショナルへと成長するための基礎づくりを目的とし、4月3日〜28日の約1ヶ月間にわたり全職種研修を実施しました。 新卒社

事業づくりの力を身に付けるために、ビズリーチへ。新卒入社からの4年間を振り返る。

今回は、2019年4月に株式会社ビズリーチに新卒入社した星野雅人さんのインタビューをお届けします。 記事の前半では、星野さんの学生時代の就職活動にフォーカスして話を聞きました。当初は、記者を目指して大手メディア企業を中心に見据えた就職活動を進めていた星野さんが、最終的にビズリーチへの入社を決めた理由について語ってもらいました。 また、後半では、「ビズリーチ・キャンパス」の運営を手がける新卒事業部で過ごした4年間について振り返ってもらいながら、今後のキャリアについての考えを

ようこそ、Visional・ビズリーチへ。2023年度新卒入社式を開催しました。

はじめまして、Visionalグループ 人財開発部の山田です。 今月、2023年度の新卒社員がVisionalグループの仲間に加わりました。この記事では、4月3日(月)に実施した株式会社ビズリーチの入社式の模様をお伝えします。 今回は、昨年の内定式に引き続き、オフラインで式を開催しました。入社者の皆さんへの歓迎の意、お祝いの気持ちを直接伝えるために、当日は、Visional、ビズリーチの経営メンバーをはじめ、事業長、部門長、一部の社員も参加しました。 今回の入社式は、入

「私が」ではなく「みんなで」。世の中に大きな価値を届ける「すごいデザイナー」になるために、チームで事業づくりに挑む。

今回は、2018年4月にデザイナー職として新卒入社した福田佳世子さん(株式会社ビズリーチ リクルーティングプロダクト本部 ビズリーチプロダクト部)にインタビューを行いました。 ビズリーチへの入社を決めた理由や、入社してから現在に至るまでの変遷、今後ビズリーチで挑戦したいことについて聞きました。 プロフィール 迷ったらワクワクするほうへ。未経験のITプロダクトデザインへの挑戦。──はじめに、学生時代の就職活動のお話から聞かせてください。 私は、工芸工業デザイン学科の陶磁

5年後、10年後、さらにその先の未来のために。仲間たちが自分の可能性を信じられる開発組織をつくりたい。

今回は、2019年4月にエンジニア職として新卒入社した野村洸太さん(株式会社ビズリーチ リクルーティングプロダクト本部 プラットフォーム開発部 システム横断グループ)にインタビューを行いました。 ビズリーチへの入社を決めた理由や、入社してから現在に至るまでの変遷、今後ビズリーチで挑戦したいことについて聞きました。 プロフィール 大学3年生から、独学でエンジニアリングの世界へ挑戦。──はじめに、大学時代に学んだことについて教えてください。 情報フロンティア学部メディア情

2023年度新卒入社者の内定式を開催しました。

はじめまして、Visionalグループ 新卒採用チームの中島です。 今回は、10月3日(月)に開催した2023年度新卒内定式の模様をお伝えします。 今年度の内定式は、3年ぶりにオフラインで開催することができました。ただのセレモニーではなく、「数ある企業の中からVisionalに入社を決めてくださった内定者の皆さんにとって、思わず誰かに話したくなるような良い思い出ができる日になってほしい。そのために、何よりも楽しんでいただきたい。」という想いのもと、新卒採用チームを中心に、

新しい可能性を、次々と。2022年度新卒入社式を開催しました。

Visionalグループ 人財組織開発室の森定です。 昨年から今年にかけて、内定式、内定者インタビュー、内定者課題の様子をお届けしてまいりましたが、ついに今月、2022年度の新卒社員がVisionalグループへ入社しました。 今回は、Visionalグループとしては初、株式会社ビズリーチとしては3年ぶりにオフラインで入社式を実施しました。新卒社員の他に、経営メンバー、選考時から入社に至るまで伴走してきた採用担当者とリクルーター、入社後に伴走する研修担当者も参加して、直接、

世の中にとって、なくてはならないプロダクトをつくり続けたい。「HRMOS」デザイナーの終わりなき挑戦。

今回は、2020年4月にデザイナー職として新卒入社した三田枝見さん(株式会社ビズリーチ デザイン本部 HRMOSプロダクトデザイン室)にインタビューを行いました。 Visionalへの入社を決めた理由や、入社してから現在に至るまでの変遷、今後Visionalで挑戦したいことについて聞きました。 ※トップ写真は、撮影時のみマスクを外して撮影を行っています。 プロフィール デザイナーとしての成長と学びの機会を求め、ビズリーチへ。──はじめに、三田さんが、デザイナーという働

​​22卒内定者インタビュー。同期の仲間たちと取り組んだ内定者課題について聞きました。

Visionalグループ 人財開発グループの森定です。 Visional Wayの「事業づくりは、仲間づくり」というバリューをもとに、内定式に引き続き、これから新しい仲間となる22卒内定者の皆さんに伴走しています。 その中の1つの施策として、2022年4月入社予定の内定者から希望者を募り、グループワーク形式の内定者課題に取り組んでもらいました。今回はその模様と、約3ヶ月間にわたり課題に取り組んでくれた内定者の声をお届けします。 内定者課題について・実施背景/目的 内定

2022年1月25日、クラウドリスク評価「Assured(アシュアード)」を正式リリースしました。

2022年1月25日(火)、クラウドリスク評価「Assured(アシュアード)」を正式リリースし、Visionalグループとして上場後初となる新事業の記者発表会をオンラインで行いました。 記者発表会では、Visional代表の南(写真:左)からVisionalグループがなぜ新事業を立ち上げるに至ったのかについて、事業責任者の大森(写真:右)からは市場の背景や事業の詳細をお話ししました。 今回はその記者発表会でもお伝えした「Assured」立ち上げの背景と事業概要、そして、