新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ビジョナル、上場。1,400名の仲間と新しいスタートラインに立った上場日をレポート。

こんにちは、グループPR/コミュニケーション担当の北見です。

2021年4月22日、ビジョナル株式会社は東証マザーズ市場に上場いたしました。ビズリーチ創業から12年、これまで応援、サポートして下さった多くの方々のおかげで、この日を迎えることができました。改めて皆さまに感謝いたします。

4月22日の上場日は、まさに私たちが新しいスタートラインに立った日です。今回は、Visionalの仲間、そしてVisionalをいつも支えてくださっている社外の皆さまと共に迎えたこの1日についてご紹介します。

今回の前編では、上場日当日の模様をレポートします。近日公開予定の後編では、上場記念の制作物に込めた想いについてお届けします。

※一部撮影時のみマスクを外しております。また、写真撮影や記者会見は、感染拡大防止の観点からイベントスペース収容人数を半分に抑え、感染対策、消毒や衛生管理など万全に考慮した上で実施しました。


上場当日のスケジュール

08:20 野村證券様訪問
08:45 全社員向けの生中継配信 
09:25 三菱UFJモルガン・スタンレー証券様/モルガン・スタンレーMUFG証券様訪問
10:30 ストックボイス出演
11:00 上場セレモニー
12:00 株主様との写真撮影
14:00 上場記者会見


08:20 野村證券様訪問

いよいよ上場日のスタートです。Visionalグループ代表の南(壮一郎)をはじめ、取締役、CFO、上場準備を進めたメンバーが集合。野村證券様の応接室にご案内いただき、ご担当者様のお話を聞きました。


08:45 全社員向けの生中継配信

その後、株式が公開される9時の歴史的瞬間を、一緒に会社を作ってきた社員の仲間と迎えたいという南の想いを受け、8時45分から、野村證券様のオフィスより社員に向けてライブ中継を実施しました。

中継は、南からの熱いメッセージとともにスタートしました。

「これからも皆さんと、本質を追求した事業づくり・会社づくりをしていきたい。価値あることを正しくやりながら、事業づくりを通じて、社会にインパクトを与えていきましょう。12年前はほんの数名で小さなマンションオフィスでスタートしました。今は、こんなに多くの仲間たちと、本当の意味でのVisionalのスタートラインに立つことができ、こんなに嬉しいことはありません。『事業づくりは、仲間づくり』というバリューに込めた想いを、この中継をご覧いただきながら、ぜひ心に刻んでみてください。(一部抜粋)」

画像1

ライブ中継動画より

ライブ中継を通じて、Visionalの仲間とともに、株式が公開される瞬間を迎えることができました。

前代未聞のライブ中継企画であったため、野村證券の皆さまには、撮影ができない場所があるなか、どうやったら実現できるかをご検討いただき、各所調整をしていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。


09:25 三菱UFJモルガン・スタンレー証券様/モルガン・スタンレーMUFG証券様訪問

続いて、共同主幹事である三菱UFJモルガン・スタンレー証券様/モルガン・スタンレーMUFG証券様に訪問。代表の南と末藤梨紗子(ビジョナル株式会社 執行役員 CFO兼CAO)が新卒で入社した会社でもあり、そして当日通していただいた応接室が、南と末藤がかつて出会うきっかけとなったOBOGイベントが開催された場所であったりと、人との繋がりやご縁を感じました。

今回の上場について、まさにVisionalのグループミッション「新しい可能性を、次々と。」を体現するような、新しいことが盛りだくさんの上場であったというお言葉をいただき、パートナーとして一緒に準備を進めて下さった両証券会社様に、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

続いて、東京証券取引所へ移動です。


10:30 ストックボイス出演

東京証券所に到着するやいなや、南はストックボイスの生収録へ。

収録開始直前に初値が付き、「初値がつきましたね」というコメントとともに番組はスタート。Visionalグループの事業概要や成長戦略などをお話ししました。

画像2

ストックボイス撮影の様子
※東証アローズのティッカーが改修工事の為、ブルーシート覆い中

▼ストックボイス「TOPインタビュー」
https://youtu.be/CxMEmymJ1E8


11:00 上場セレモニー

セレモニーには、南、竹内真(ビジョナル株式会社 取締役 CTO)、永田信(ビジョナル株式会社 取締役 兼 ビジョナル・インキュベーション株式会社 代表取締役社長)、多田洋祐(ビジョナル株式会社 取締役 兼 株式会社ビズリーチ 代表取締役社長)、末藤の5名で参加し、上場通知書の受領と鐘を鳴らしました。

コロナ禍ということで、セレモニーに参加できる人数が5名に限られており、ソーシャルディスタンスを守った状態で記念撮影を行いました。

画像3

画像4

上場セレモニーの様子


12:00 株主様との写真撮影

上場セレモニーが終了し、渋谷のオフィスへ移動しました。

創業以来支えて下さった株主の方にお越しいただき、南より感謝の気持ちをお伝えさせていただくとともに、上場セレモニーの鐘を模して作成したオフィス内のフォトブースにて、記念撮影をしました。(フォトブースに関しては後編で詳しくお伝えします。)

その後、創業メンバーと記念写真。左下より、竹内、園田剛史(ビジョナル株式会社 執行役員 CIO)、永田、左上より、村田聡(ビジョナル株式会社 取締役COO 兼 株式会社ビズリーチ 取締役)、佐藤和男(ビジョナル株式会社 執行役員)、田澤玲子(ビジョナル・インキュベーション 広報)、南です。

画像5

創業メンバーの記念写真


14:00 上場記者会見

ご参加いただくメディアの人数や事前準備などの関係から、社内のイベントスペースで記者会見を実施しました。オンライン・オフライン合わせて合計30名近いメディアの方に出席をいただきました。

創業当初から取材をいただいているメディアの方が多く、また中には、創業時に取材いただいた際の映像と合わせてニュースにしてくださったメディアの方もいました。創業時からメディアの方々に数多く取りあげていただき、応援いただいくことができたからこそ、今日まで来れたということを改めて痛感しました。

画像6

記者会見の様子


以上で、上場日のレポートは終了です。

証券会社の皆さま、株主の皆さま、メディアの皆さま、これまで支えてくださった多くの方々とともにこの日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

私たちVisionalは、新しいスタートラインに立ったばかりです。グループミッション「新しい可能性を、次々と。」の実現に向け、また、公の会社として社会から認められ、必要とし続けられるよう、今後とも精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

近日公開予定の後編では、上場にあたっての社内制作物に込めた想いをお届けします。


この記事の執筆担当者

北見 友見/ Kitami Tomomi
慶應義塾大学商学部卒業後、総合PR会社・株式会社ベクトルに新卒入社。営業~コンサルティングなどを経験した後、営業局長を務める。自社のグループ広報も兼任。2020年、ビジョナル株式会社へ入社。現在は、社長室グループコミュニケーショングループのマネージャーを務め、グループPR、インターナルコミュニケーション、リスクコミュニケーションをはじめコミュニケーション活動全般を担当。


関連記事


「ALL VISIONAL」Twitterアカウントは、こちら


この記事が参加している募集

オープン社内報

27
Visionalグループの企業ブログです。未来の仲間たちへ、Visionalの全ての「可能性」を伝えていきます。(運営サービス:ビズリーチ/キャリトレ/スタンバイ/HRMOS/ビズリーチ・キャンパス/ビズリーチ・サクシード/yamory/BizHint/トラボックスなど)